2020年5月6日(水) 加林あき子 ピアノ・リサイタル

日時  2020年5月6日(水) 開場13:30 開演14:00
会場  あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)
主催  Dear Piano
後援  黒崎楽器
    徳島新聞社・四国放送
    公益財団法人日本ピアノ教育連盟

♪黒崎楽器本店、鳴門センター、鴨島センター、阿南センターにてチケットお取り扱い中!

【入場料】全自由席

1,500
※当日500円増
※未就学児の入場はご遠慮ください。

【プログラム】

♪ハイドンを讃えて/ドビュッシー

♪アンダンテと変奏曲 ヘ短調 Hob.ⅩⅦ-6/ハイドン

♪夜想曲 ロ長調 Op.32-1/ショパン

♪前奏曲 嬰ハ短調 Op.45/ショパン

♪バラード 変イ長調 Op.47/ショパン

♪ハイドンの名によるメヌエット/ラヴェル

♪ソナチネ/ラヴェル

♪ジュネーヴの鐘/リスト

♪イゾルテの愛の死/ワーグナー=リスト

・・・・・・・・・・・・・・・・

加林あき子

徳島県生まれ。
桐朋学園大学音楽学部
カレッジディプロマコース修了。
第11回日本演奏家コンクールにおいて
特別賞を受賞、横浜関内ホール
大ホールでの入賞者記念演奏会に出演。

2007年モーツァルトピアノ四重奏曲K.478、
ピアノ三重奏曲K.498を
フォンターナストリングスと共演。
その他、主に管楽器との共演を重ね、
中でもサクソフォンとの共演では
現代曲にも意欲的に取り組み
多くのプレイヤー、演奏会に恵まれる。

ソロ活動では2011年に徳島県郷土文化会館
あわぎんホールでの自主リサイタル、
東京、高松にて"桐の会ピアノコンサート"等の他、
2018年フランスでのフォーレ作品への
アプローチと演奏が高く評価された。

これまで、ムジカルタ音楽祭&アカデミー、
ニース夏期国際音楽アカデミー、
Euro Music Festivalにてディプロマ取得の他、
B.カプラン、Y.スレサレフ、O.ギャルドン各氏の
マスタークラスを受講。
フリーランス音楽家として活動する現在も、
秋庭津代子、古藤幹子、斎藤雅広、
須田眞美子、A.レジェの各氏のもと研鑽を積み、
新たな境地を開く。
日本ピアノ教育連盟会員。